うぉんばっとの仲間たち

アクセスカウンタ

zoom RSS チビデグ“らいむ”里子へ

<<   作成日時 : 2006/06/24 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

♂のチビデグが里子にいった。
前回2月に生まれた♂のチビデグのみるくとれもんが里子にいった
お友達のところだ。お兄ちゃんたちと一緒のケージで暮らすことになった。

みるくとれもんはくるみ母さんとどんぐり父さんの子で
生まれたときは違うけれど、チビデグにとって両親とも同じお兄ちゃんだ。
でも、♂同士で同居がうまくいくかわからないので、
みるくとれもんをwonbat母さんの家に連れてきて、お見合いさせることになった。
2匹が里子にいってから、はじめてのお里帰りだ。

くるみやどんぐりは2匹を憶えているだろうか?
みかんやルンパは自分の兄弟だとわかるだろうか?
みるくとれもんは家を憶えているだろうか?
くるみやどんぐりを親だとわかるだろうか?
みかんやルンパを姉妹だとわかるだろうか?
そして、チビデグとうまくいくだろうか・・・

ケージごとやってきたみるくとれもんは車に乗って興奮気味だった。
うちにいたときはwonbat母さんの部屋にいたが、
お客様が一緒だとぶんちゃんがうるさいので、今日はリビングだ。
3匹の♂チビデグのうち、ビビリーの1匹を残し、
2匹を小さいケージに入れ、ケージ越しにご対面。
ついでにどんぐり父さんと♂チビデグが1匹いる男の子ケージも
反対側からケージ越しにご対面。

どんぐり父さんとはにらめっこ状態で、
みるくとれもんがかすかに歯を鳴らしていたので、
男の子ケージはすぐに部屋にお戻した。
もう、♂同士なのかな?
どんちゃん、大きくなった息子だよ〜、わかった??

かわりに今度は女の子ケージを運んできて、同じくケージ越しにご対面。
くるみを見たら、みるくとれもんが寄ってきて、くるみの動きに合わせて移動していた。
憶えているみたいだ!!
でも、くるみ母さんは知らん顔・・・
子どもが次々生まれ、「巣立った子どもまで気を配っていられないわよ〜」かな??
くるちゃん、おまえの息子だよ〜 
大事に育てていたみるくとウンパ(うちにいたときはれもんじゃなかったので)だよ〜
憶えているみたいで「お母さん〜!!」っていってるよ〜

みかんとルンパ、みるくとれもんも時々見つめ合っていたけれど、
ピロピロお話まではいかなかった。
一緒におっぱいを飲んでいっぱい遊んだでしょう?憶えている??

まぁ、本題はチビデグだ。
どうしよう、とりあえず、一緒のケージに入れてみようか?
チビデグを知らない♂とみなしてケンカになるようならすぐに離そう。
まだチビデグの身体が小さいだけにケガが心配だ。
ただ、大きくなってからより小さいうちのほうが受け入れてもらえると思う。

軍手を用意してチビデグを1匹みるく、れもんのケージに入れると
みるく、れもんが交互にチビデグに寄ってきた。
攻撃する気はないが、チビデグはこわくて逃げ回っている。
ここで不思議なのは、チビデグをどんぐり父さんと一緒にしたときのこと。
どんぐり父さんの時は逃げることもなく、すぐにそばによって甘えていて、
怖がることなんて全くなかった。
ケージは違っても同じ部屋にいたからにおいでわかったのか、
それともお父さんだとわかる何かがあるのか??

あまりチビデグがこわがっているので、選手交代。
もう1匹のチビデグと入れ替えた。
今度のチビデグのほうが落ち着いているが、
それでもみるくとれもんが寄ってくるとこわがって逃げている。
くんくんにおいをかぐのは我慢できるが、
ガシッとつかまれると大騒ぎバッタのように飛び跳ねて逃げ回っている。
でも、みるくとれもんは興味をもっているだけで、
攻撃する様子は全然無かったので、
そのままみんなで見守って様子をみることにした。

そして2時間後・・・
画像

やった〜!!兄弟でデグ団子〜 左から、らいむ、れもん、みるくの3兄弟

チビデグは“らいむ”と命名され、お兄ちゃんたちと一緒に暮らすことになった。
いい名前をつけてもらったね〜 ゆうくんが考えてくれたんだって。
らいむ〜、お兄ちゃんたちと仲良くして、可愛がってもらうんだよ〜と見送った。

仲良く同居できそうでよかった〜、お兄ちゃんたちがいて寂しくないし、
里親さんもお友達で安心だし、また会いにもいける。
そう思いながらも、夜、男の子ケージを見るとみょ〜にケージが広く見える・・・
心なしか、どんぐり父さんも寂しそうで、
いつもより残りの2匹をぎゅっと抱き寄せているみたい・・・
たった1匹、されど1匹のチビデグなんだよね・・・
いっぱい遊んで、いっぱい可愛がってもらって、幸せになあれ、らいむ!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鏡台でもオス同士だと難しいのかと思ってましたが、そうでもないんですね〜。
やっぱりチビちゃんだからなのかな?
けど今は大丈夫でも将来何らかのきっかけで仲が悪くなったりするそうなので、よく見ておかねばですね〜。
それにしてもどんぐり父さんには初めてでも恐怖心なかったという話、やっぱり同じ部屋にいればケージ違っててもわかっちゃうもんなんですかね〜。
それとも親子だから?
Riri
2006/06/25 22:19
Ririさんへ

そうですね、今後のことはわからないけれど、
それは♂でも♀でも、親子でも夫婦でも同じだと思います。
夫婦でもケンカがひどくなってケガをすることがあります。
血縁のない♂同士でも仲良く同居できる場合もあるし、
親子でもうまくいかないという話をいくつか聞きました。
個体によりでしょう。

かりんちゃんはペットショップでずっとどんぐりと
仲良くやっていたのに、うちにきたときはダメだったし、
その後また同居できたり、
みかんと仲良く過ごしていたのに、
少し離したら、ケンカするようになったり・・・
その時の環境などにも影響されるようです。

チビデグが生まれる時、別のケージにいたどんぐり父さんは
出産がわかったようで、ずっと格子のそばで動きませんでした。
一方、ずっと同じ部屋でケージを並べていたにもかかわらず、
ルンパはこわがってかりんちゃんと同居できませんでした。
親子で何か通じるものがあるのかも??
うぉんばっと
2006/06/25 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
チビデグ“らいむ”里子へ うぉんばっとの仲間たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる